お金を上手にためられる人、なかなか貯められない人

お金を貯めるためにやってはいけないこと

なかなか貯金できない人でも、「貯金しなきゃ」とはいつも思っているのです。なのにできないのはなぜ?そういう人は、自分が使っているお金の額や使い方を、意外とはっきり把握していないということです。必要だから使っている、と自分では思っているのですが、本当に妥当な金額かどうかもわからないで使っているのです。目の前にあるお金から順次使っていったら、気が付いたら、月末にはいつもお金が足りなくなっている、というパターンですね。

また「余ったら貯金に回そう」、と思っている人。必要な額を使ってその残りを貯金しようと思っても、なかなかいつも決まった額を貯金することは難しいでしょう。まず貯金する額を決めて、先に貯金してしまう事ですね。それも一番いいのは、手動ではなく自動積立などで強制的に積み立て分を差っ引いてしまう事。

お金が貯まらない人は、いつも「あと少しお金があったら、貯金できるのに」と思っているといいます。では給料が2万円上がったら、その2万円を貯金するかと言えば、結局全部使ってしまい、月末にはやはりお金が無くなってしまう状態。いつまでたっても貯まりません。

そういう人ほど、買い物に行って目の前に欲しいものがあると、「今でなければ手に入らないから」「今月はがんばったからごほうびに」などと自分に言い訳して買っています。そしてそういう人は不思議なことに、その翌月も同じことを言いながら買うのですね。お金が余るわけがありません。そして買う事でストレスを解消しているはずなのに、買いながらストレスを溜めていっているのです。

また目の前にお金があると使ってしまうから、と、全て銀行の出し入れできる普通預金に預けてしまい、必要に応じて引き出すというやり方も駄目です。まず引き出すのに無駄な手数料がかかります。ひと月のうちに何回も手数料を支払っていたら、馬鹿にできない額になります。お金が貯まる人は、振込や引き出しの手数料まできちんと計算のうちに入れて考えています。

お金が貯まらない人は、今自分の財布にいくら残っているか、即答できないといいます。お金を使いながら、毎回きちんと残金の確認をしないのですね。だからいざ使おうとしたときに「あれっ?ない!」と言ってちょこちょこATMから引き出したりしがちです。自分のお財布にしろ普通預金にしろ、大きな袋に手を突っ込んでその都度お金を引っ張り出すようなことは止めるべきです。公共料金や必要経費などの支払いに必要な袋、貯金に回すための袋、突発的な事の控えのための袋・・・など、お財布や口座を分けたほうがいいといいます。要は、自分の性格のおおざっぱで甘いところを知って、それをカバーできる方法が必要なのですね。