大和ネクスト銀行とはどんな銀行?

大和証券と大和ネクスト銀行

大和証券は、野村證券に次ぐ国内の証券業界第2位の大手証券会社です。情報が豊富、窓口や電話などのサポートが親切と、評判は高いようです。その大手証券グループが100%出資してつくったのが大和ネクスト銀行です。その目的は、「銀行と証券会社を連携させて、資産形成の利便性を向上させる」事にあり、「銀行に預けて証券で活かす」をキャッチフレーズとしています。

証券会社の顧客はシニア層が多く、相続などがあった場合には都市部の他社の支店に資金が流出しがち。そこで本人の次の世代をも視野に入れて、インターネット銀行と証券会社が連携することで資産形成やその運用がより手軽にでき、しかも高金利に貯めることもできる、という提案で、顧客の裾野を広げようという事が目的のようです。

証券会社の口座に有るまだ運用していない資金を自動的に大和ネクスト銀行の普通預金に振り替えることで、最高水準の普通預金金利が適用され、定期預金に組み替えれば、さらに高い金利で運用できます。また例えば市場金利が急落した時など、すぐに銀行の普通預金を資金として株式や投資信託を買う事もできるのです。

こうして、大和ネクスト銀行が開業して以来、その口座数は急激に増えているようです。しかし、最近では高さを誇っていた普通預金の金利も、少しづつ下がってきています。大和ネクスト銀行単独では口座を作ることはできず、キャッシュカードもない、というのはちょっと戸惑ってしまいますね。特にシニア層には違和感があるかもしれません。

しかし、高金利の大和ネクスト銀行と大手の大和証券を連携させる仕組みは、資産の運用のための価値ある選択肢の一つともいえます。そしてインターネット銀行といいながらも、証券会社の窓口でも資産運用についての説明をゆっくり聞くことができて、銀行業務の手続きもできるのは、他のネット銀行にはない特色でしょう。