大和ネクスト銀行とはどんな銀行?

大和ネクスト銀行の「スウィープサービス」とは

「スウィープサービス」とは、金融機関同士で相互に資金の取引ができるサービスのことです。大和証券グループが100%出資する大和ネクスト銀行の場合は、大和証券の証券総合口座と大和ネクスト銀行の普通預金口座を両方持つことで資金を共用でき、必要に応じて相互に資金を移動して運用できるサービスのことになります。

大和ネクスト銀行の預金を「大和証券の預かり金」として、株などの投資のための資金が必要になった時には自動的に振り替えて流用できます。また投資信託や債券を売った場合の売却代金は、自動的に大和ネクスト銀行の普通預金に入ります。振替は手数料無料で行えます。スウィープサービスを利用するには、大和証券の「ツインアカウントサービス」の申し込みが必要になります。

これまでは株式や投資信託などの取引資金が足りなくなったりしたら、銀行預金からわざわざ証券側の口座に振り込む必要がありましたが、このスウィープサービスが利用できれば、銀行に預金さえあればいつでもタイミングよく株の買い付けなど投資が可能になりますし、預金と資産運用の資金が一元的に管理できることになります。また銀行預金はペイオフで保護されるので安心です。

最近では他のネット銀行とネット証券の間で、各社独自の資金のスイープサービスも行われることが多くなっているようです。例えば住信SBIネット銀行とSBIネット証券(ハイブリット預金)、楽天銀行と楽天証券(マネーブリッジ)などです。