大和ネクスト銀行とはどんな銀行?

大和ネクスト銀行のメリット

大和ネクスト銀行は、円預金、外貨預金など預金に限定された商品と、フリーローンを取り扱っているネット専業の新しい銀行です。2013年からは大和ネクスト銀行を利用するには大和証券の口座も一緒に開設しなければいけなくなりました。大和証券との連携でサービスを提供するという、あくまでも資産運用に特化した銀行で、ATMもなく通帳は勿論、キャッシュカードも発行しないことで最大限にコストを削減したネット銀行でもあります。コストを削減している分、金利の高さが魅力的です。

特に円普通預金は金利が高く、他のネット銀行の2倍以上で、1ヶ月の定期預金並みの金利です。また定期預金も高い金利を付けています。特に「ツインアカウントサービス」を利用している人対象の「プレミアムサービス」は、大和証券が預かっている資産と大和ネクスト銀行の預金残高などの総資産の評価額を、6ヶ月もの、1年物に預けることで、試算額に応じて通常の金利よりも優遇された金利を受けられるサービスです。ただし優遇金利は1000万円以上とかなり大口が対照みたいですが、かなりの高金利になります。

大和証券と大和ネクスト銀行とが連動して行う「ダイワのツインアカウントサービス」は、もっとも特徴的で基本となるサービスです。このサービスを申し込むことで利用できる「スウィープサービス」は、銀行と証券口座間で資金を相互に自動ですぐに振替えて移動させることができるので、大和証券で株などの投資取引をしている人にとっては、タイムリーな取引資金が確保しやすくなり、大きなメリットとなります。しかもその手数料は無料です。

また「ツインアカウントサービス」を申し込むことにより発行される大和証券の「ダイワ・カード」によって、提携銀行やセブン銀行のATMでの入出金ができるようになります。全国にあるセブンイレブンのセブン銀行ATMは、入金はいつでも手数料が無料、出金も19:00までは無料です。ただし日曜祭日、年末年始は取り扱いを中止しているので注意が必要ですが。また、他の金融機関であっても自分名義の口座への振込だったら、いつでも無料で振り込めますし、他人名義でも月3回までは手数料が無料という、大変価値あるサービスです。

あまり利用しないのに大和証券の口座も開設しなければいけない、ということには何か違和感を感じたりもしますが、投資取引をする人にとっては銀行と証券の口座間で資金が移動できるのは、メリットが大きいでしょうし、投資をしない人にとっても大和ネクスト銀行の金利の高さや振込手数料が無料であることは、大変魅力的なメリットと言えるでしょう。